コースを選ぶ

羽毛掛布団リフォーム

  • 1層式羽毛掛布団
  • 2層式羽毛掛布団
  • 2枚合わせ(合・肌)セット
  • 肌掛布団
  • 今月のお買い得SALE

わた・羊毛掛布団打ち直し

  • わた和風・和綴じ掛布団
  • わた洋風・キルト掛布団
  • 羊毛洋風・キルト掛布団
  • 匠仕上げわた和風掛布団

わた・羊毛敷布団打ち直し

  • わた・ふっくら敷布団
  • わた・硬わた敷布団
  • 羊毛・硬わた敷布団
  • 羊毛・薄敷布団
  • 便利な敷布団
  • 匠仕上げわた和風敷布団

ベッドにおすすめリフォーム

  • ベッド用掛布団
  • ベット用敷布団

掛敷セットでリフォーム

  • 掛敷セット布団
  • セットでお得5%OFF!!
  •   

その他のわた打ち直し

  • 座布団・こたつ掛布団
  • ベビー・ジュニア布団

布団クリーニング

  • 布団クリーニング

おすすめ布団カバー

  • 掛布団カバー
  • 敷布団カバー
  • ボックスシーツ
  • 枕カバー(ピローケース)
  • その他(座布団カバーなど)カバー
EPOSお布団の学校
お問い合わせ:0120-948-874(無料)/03-3803-3311(有料)

布団の正しい干し方

日常的に行われている布団干し・たたきですが、実は、布団の種類によって干し方は異なります。また、干した布団をたたくのも良くないといわれております。では、どの種類がどのような干し方なのか、何故、布団をたたいてはいけないのか、その理由についてご説明したいと思います。

布団の種類による干し方

布団は、種類によって干し方が異なります。異なった干し方をした場合、油分がなくなりバサバサになってしまったり、傷めてしまうこともあります。布団の種類に合った干し方を見ていきましょう。

綿布団

冬に綿布団を干す場合は、日差しが弱いので長時間でも大丈夫なのですが、夏は日差しが強いので、注意が必要です。夏の日差しは、殺菌力やダニの殺虫力は強いのですが、その分綿を傷めてしまうこともあります。布団を長持ちさせるためには、日差しの弱い午前中に1〜2時間干すようにしましょう。

羽毛布団・羊毛布団

羽毛布団や羊毛布団は、直接日光に当てるのではなく、風通しの良い日陰に干すようにしましょう。窓を開けて風を通すだけでも十分乾燥効果があります。しかし、殺菌を行なうためには、月に1〜2回の1〜2時間程度の天日干しが必要です。

布団たたきが良くない理由

干した布団をたたくことで、布団の中では様々なことが起こっています。では具体的にどのようなことが起きているのでしょうか。

布団を傷つけている

布団たたきをすると、大量のホコリが空中に舞い上がっているのが見えると思います。実は、そのホコリの正体は布団の表面や詰め物の繊維がちぎれたものなのです。 布団をたたくことで、ホコリが取れている感覚になってしまうのですが、本当は、中の繊維を傷つけてしまい布団の寿命を縮めてしまっているのです。長く使うためにも布団たたきは避けるようにしましょう。

ダニについて

布団をたたくことによって布団の中にあるダニの死骸やフンが飛び散り、布団の表面についてしまいます。喘息やアトピーの方は、布団をたたくことでより症状が悪化してしまう可能性があるので注意しましょう。 布団掃除機をかけたり、布団専用ノズルなどをつけて掃除機をかけるとキレイに除去できますが、もっと清潔でキレイになる布団クリーニングがオススメです。

当サイトでは、大変お手頃な値段で、羽毛布団クリーニングや羊毛布団クリーニング、わた布団クリーニングを行っております。アトピーや喘息をお持ちの方や布団が薄くなってきたと感じている方は、是非一度、布団クリーニングをご検討下さい。当サイトに料金も掲載してあります。